ウォーターサーバー買い切りおすすめランキング【2024年最新版】

*本ページはプロモーションが含まれています
おしゃれなもの

ウォーターサーバーの購入を検討している皆さん、この記事では、買い切りタイプのウォーターサーバーについて、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。定期的なレンタル料金がかからない買い切りタイプは、長期的に見てコストパフォーマンスが高く、人気が高まっています。

  1. ウォーターサーバー買い切りおすすめランキング【2024年最新版】
    1. ウォーターサーバー買い切りのメリット
    2. ウォーターサーバー買い切りの選び方のポイント
      1. 1. デザインとサイズ
      2. 2. 機能性
      3. 3. メンテナンス
  2. おすすめウォーターサーバー買い切りランキング
    1. 第1位: ブリタウォーターサーバー
    2. 第2位: FRECIOUS(フレシャス) Slat+cafeウォーターサーバー
    3. 第3位: Toffy(ラドンナ)ウォーターサーバー
    4. ウォーターサーバー買い切りのデメリット
    5. 1. 初期費用が高い
    6. 2. メンテナンスや修理が自己負担
    7. 3. ライフスタイルの変化に対応しにくい
    8. 4. 最新機種への切り替えが難しい
    9. 5. 水の配送サービスが別途必要
    10. 6. サイズと場所の確保が必要
  3. レンタルでおすすめ安心安全の公式サイト
    1. 【オーケンウォーターおすすめポイント】
  4. ウォーターサーバー豆知識
    1. ウォターサーバーの寿命は何年ですか?
      1. 一般的なウォーターサーバーの寿命
      2. 寿命を延ばすためのメンテナンスポイント
    2. ウォーターサーバーと浄水器どっちがお得?
      1. ウォーターサーバーの特徴
        1. メリット
        2. デメリット
        3. コストの見積もり
      2. 浄水器の特徴
        1. メリット
        2. デメリット
        3. コストの見積もり
      3. 具体的なケース別の比較
        1. 1. 一人暮らしの場合
        2. 2. 家族(4人以上)の場合
        3. 3. 短期利用の場合
        4. 4. 長期利用の場合
  5. 今話題のシリカ水もできる浄水器
  6. ウォーターサーバー買い切りおすすめランキング【2024年最新版】まとめ

ウォーターサーバー買い切りおすすめランキング【2024年最新版】

ウォーターサーバー買い切りのメリット

  1. 経済的なメリット: 一度購入すれば、毎月のレンタル料が不要。
  2. 自由度の高さ: 自分のライフスタイルに合わせて好きな水を選べる。
  3. 所有権: 購入したサーバーは自分の所有物なので、メンテナンスやカスタマイズも自由。

ウォーターサーバー買い切りの選び方のポイント

1. デザインとサイズ

自宅のインテリアに合うデザインや設置場所に適したサイズを選びましょう。

2. 機能性

温水や冷水の出るタイプ、自動クリーニング機能があるかどうかなど、必要な機能を確認しましょう。

3. メンテナンス

フィルター交換の頻度や費用、手入れのしやすさをチェックしましょう。

おすすめウォーターサーバー買い切りランキング

おすすめウォーターサーバー買い切りランキングは、楽天市場でレビューが多く★4以上の高評価を基準に紹介します。なお、価格、レビューは記事作成時のものです。

第1位: ブリタウォーターサーバー

  • 価格: 6,413円
  • 特徴: 残量が分るクリアなデザイン、水道水ろ過型
  • レビュー: 利用者から高評価!レビュー数1,434件★4.58

第2位: FRECIOUS(フレシャス) Slat+cafeウォーターサーバー

  • 価格: 52,800円
  • 特徴: コーヒーメーカーと1つになった“2in1”ウォーターサーバー
  • レビュー: コーヒー好きの方に特に好評!レビュー数266件★4.61

第3位: Toffy(ラドンナ)ウォーターサーバー

  • 価格: 19,800円
  • 特徴: スタイリッシュなデザイン、簡単メンテナンス
  • レビュー: デザイン性が高く、キッチンに置いてもおしゃれ。レビュー数163件★4.13

ウォーターサーバー買い切りのデメリット

買って後悔されないようウォーターサーバー買い切りのデメリットも紹介しておきます。

1. 初期費用が高い

ウォーターサーバーを買い切りで購入する場合、最初にまとまった金額を支払う必要があります。これはレンタルタイプに比べて大きな負担となることがあります。

2. メンテナンスや修理が自己負担

購入後のメンテナンスや故障時の修理費用は自己負担となります。特に高機能なサーバーの場合、修理費が高額になることもあります。

3. ライフスタイルの変化に対応しにくい

一度購入すると、そのサーバーを長期間使用することが前提となります。ライフスタイルの変化や引越しなどでサーバーが不要になった場合、処分や再設置が面倒になることがあります。

4. 最新機種への切り替えが難しい

新しい機能が搭載された最新モデルが登場しても、買い替えには再度大きな出費が必要となるため、気軽にアップグレードできません。

5. 水の配送サービスが別途必要

多くのウォーターサーバーでは、定期的に水を注文して届けてもらう必要があります。このサービスが地域によっては対応していなかったり、追加費用がかかることがあります。

6. サイズと場所の確保が必要

ウォーターサーバーは設置スペースを取るため、特に小さな部屋やキッチンでは場所の確保が難しくなることがあります。

レンタルでおすすめ安心安全の公式サイト

ウォータサーバー買い切りのデメリットを読まれて、やっぱりレンタルと思われた方におすすめの公式レンタルサーバー「オーケン」を紹介します。

【オーケンウォーターおすすめポイント】

【1】ボトル交換が簡単な下置き型ウォーターサーバー

【2】天然水の採水地を選べるオプション付き

【3】おトクプランで宅配水業界でもお得な料金設計を採用

【4】LINEのお友達で、水の注文や間隔変更はチャットで完結。

現在、オーケンウォーターでは乗り換えキャンペーンや紹介キャンペーンでの新規契約が増加中。

詳しくは、下記バナーからご覧いただけます。

オーケンウォーター

ウォーターサーバー豆知識

最後にウォーターサーバーについてよくある質問とお答えを紹介します。

ウォターサーバーの寿命は何年ですか?

ウォーターサーバーの寿命は、使用状況やメンテナンス頻度、製品の品質によって異なりますが、一般的には以下のような寿命が考えられます。

一般的なウォーターサーバーの寿命

1.家庭用ウォーターサーバー: 約5〜10年

家庭で使用するウォーターサーバーは、比較的軽い使用環境にあるため、適切なメンテナンスを行えば長期間使用できます。

・定期的なフィルター交換や清掃が寿命を延ばす鍵となります。

2.業務用ウォーターサーバー: 約3〜5年

企業やオフィスなどで使用される業務用ウォーターサーバーは、利用頻度が高いため、家庭用よりも寿命が短くなる傾向があります。

・高頻度で使用されるため、メンテナンスの頻度も高く、部品の交換が必要になる場合が多いです。

    寿命を延ばすためのメンテナンスポイント

    1.定期的なフィルター交換:

    フィルターは定期的に交換することで、水質を保ち、サーバー内部の汚れや劣化を防ぐことができます。

    2.内部の清掃:

    ウォーターサーバーの内部やタンク部分を定期的に清掃することが重要です。メーカーが推奨する方法に従って行うと良いでしょう。

    2.外部の清掃:

    外部のホコリや汚れも取り除くことで、通気性を確保し、機器のパフォーマンスを維持します。

    3.適切な設置場所:

    直射日光を避け、通気性の良い場所に設置することで、内部の温度管理が適切に行われ、機器の劣化を防ぐことができます。

    4.定期的な点検:

    ・専門のメンテナンスサービスを利用して、定期的に点検を行い、異常がないか確認することが大切です。

    ウォーターサーバーの寿命は、使用方法やメンテナンス次第で大きく変わります。長く快適に使い続けるためには、定期的なメンテナンスと適切な使用方法が不可欠です。購入時には、製品の品質やメーカーのサポート体制も確認すると良いでしょう。

    ウォーターサーバーと浄水器どっちがお得?

    ウォーターサーバーと浄水器のどちらがお得かは、使用目的やライフスタイル、予算によって異なります。それぞれの特徴やメリット・デメリットを比較し、具体的なコストを見積もって判断することが重要です。以下にウォーターサーバーと浄水器の比較を示します。

    ウォーターサーバーの特徴

    メリット

    1.常に新鮮な水: ボトル交換で常に新しい水を供給。

    2.便利な機能: 温水・冷水がいつでも利用可能。

    3.品質保証: 専門業者が管理するため、一定の品質が保証される。

      デメリット

      1.コスト: 初期費用、ボトル代、電気代がかかる。

      2.スペース: 設置場所が必要。

      3.契約の縛り: レンタル契約の場合、一定期間の縛りがある。

        コストの見積もり

        初期費用: 0〜20,000円(レンタルの場合は初期費用なしもあり)

        ボトル代: 1,000〜2,000円/本(12L)

        電気代: 月500〜1,000円

        浄水器の特徴

        メリット

        1.コストパフォーマンス: 長期的に見て低コスト。

        2.環境に優しい: プラスチックボトルの使用が少ない。

        3.コンパクト: 設置スペースが少なくて済む。

          デメリット

          1.フィルター交換: 定期的なフィルター交換が必要。

          2.初期費用: 高性能な浄水器は初期費用が高い場合がある。

          3.水質管理: 自己管理が必要。

            コストの見積もり

            初期費用: 5,000〜30,000円(機種による)

            フィルター代: 2,000〜5,000円/回(交換頻度は製品によるが、3〜6ヶ月に1回)

            具体的なケース別の比較

            1. 一人暮らしの場合

            ・浄水器が適している可能性が高いです。初期費用はかかりますが、ランニングコストが低く済みます。

            2. 家族(4人以上)の場合

            ウォーターサーバーが便利です。多量の水を使うため、常に冷水や温水が利用できるウォーターサーバーの利便性が高くなります。

            3. 短期利用の場合

            浄水器が適しています。契約期間の縛りがなく、短期間での使用に向いています。

            4. 長期利用の場合

            ウォーターサーバーが良いかもしれません。契約期間中のサービスやサポートが充実しており、長期的に利用することで利便性が増します。

            ウォーターサーバーと浄水器のどちらが「お得」かは、使用状況やニーズによって異なります。コストだけでなく、利便性や使用頻度、設置スペースなども考慮して選ぶことが重要です。

            ・経済性重視: 浄水器

            ・利便性重視: ウォーターサーバー

            最終的には、生活スタイルや個々のニーズに合わせて最適な選択をすることが大切です。

            今話題のシリカ水もできる浄水器

            最後に、おすすめ浄水器「welvina」を紹介します。

            高機能浄水器のwelvinaは、一般的な浄水器と比べ、ろ過材に、業界初の国産モミ殻活性炭を使用。

            国産もみ殻活性炭はモミ殻活性炭が持つ特殊形状により、通水性が高く目詰まりがしにくい反面、吸着性能が高く、持続力があり、多様な物質を吸着できる特性を持っています。

            高機能浄水器とし、細菌除去率は99.9%とトップクラスです。

            もちろん、その他の有害成分除去率もトップクラスです。

            安心安全な浄水ができます。

            しかも、今、話題のシリカ水もできます。

            詳しくは、下記バナーからご覧いただけます。

            水道水から簡単に浄水!シリカ水が作れます【高機能浄水器Welvina】

            ウォーターサーバー買い切りおすすめランキング【2024年最新版】まとめ

            ウォーターサーバーの買い切りタイプは、長期的に見ると非常にお得です。この記事で紹介したおすすめランキングを参考に、自分にぴったりのウォーターサーバーを見つけてください。美味しい水のある快適な生活を楽しみましょう!

            関連記事

            無添加食品宅配ランキング!

            スポンサード
            タイトルとURLをコピーしました