飲む点滴。おすすめの「甘酒」【コスモス薬品で購入編】

お取り寄せ

この記事では、ここ数年人気の飲む点滴ドリンクとも言われているおすすめの「甘酒」をメーカー種類ごとに紹介します。疲労回復や安眠に効果があると言われており「甘酒」が気になってはいるけど、まだ試したことがないという方の参考になれば幸いです。今回はコスモス薬品で購入できる「甘酒」を中心に紹介します。

スポンサーリンク

近年話題の甘酒は、夏バテ防止のエナジードリンクとして昔から親しまれてきたものですが、今では“飲む点滴”と言われ手軽にコンビニでも買えることから身近なものになっています。

引用元:クラシエ

飲む点滴。おすすめ「甘酒」『MORINAGA』「甘酒」

1969年にびんで登場し、1974年に缶で発売した森永甘酒。全国のみなさまに愛され続け、いま日本で一番売れている甘酒です。

引用元:森永製菓株式会社

最初に紹介するのは「甘酒」と言えばこちらを真っ先に思い受けべる方も多いと思いのではないでしょうか。「森永」の赤い缶の『甘酒』です。「甘酒」は冬は温めて飲むのが一般的ですが、特に夏は常温もしくは冷やして飲みたいところです。こちらの「甘酒」は温めても常温でも冷やして美味しくいただけます。これぞ『甘酒』といったお米のつぶつぶ感を感じられます。

スポンサーリンク

飲む点滴おすすめ 『MORINAGA』「冷やし甘酒」

続いて紹介するのは、夏に冷やして飲む『甘酒』の代表格。「森永」の青い缶の『冷やし甘酒』です。夏はこちらの購入頻度がグンと上がります。商品名に「冷やし」とあるだけにキンキンに冷やして寝る前にいただくことが多いです。味の方は、赤い缶の『甘酒』より、さらっとしていて、お米のつぶつぶ感はそこまで感じません。「冷やして飲みたい」「あっさりとした味が好み」という方にはこちらがおすすめです。

スポンサーリンク

飲む点滴 『MORINAGA』「冷やし甘酒Sparkling」

続いて紹介するのは今回はじめて見つけて試してみた「森永」の『冷やし甘酒Sparkling』です。期間数量限定なのでしょうか、「森永」の公式ホームページには掲載されていませんでした(2023年7月16日時点)。味の方は、青い感の『冷やし甘酒』を微炭酸にした感じで、ほどよい甘みでお風呂上がりや寝る前にぴったりだと思いました。『甘酒』が苦手な方にむけた商品なのかなと感じました。

スポンサーリンク

飲む点滴おすすめ 『大関』「レモンの甘酒はちみつ入り」

続いて紹介するのは「大関」の『レモンの甘酒はちみつ入り』です。日本酒メーカーらしいワンカップのボトルに惹かれました。味もなんとなく日本酒の濁り酒を思わせる口当たり、そしてしっかりとレモンの風味ほどよい酸味を感じられました。今回はじめていただいた「甘酒」のなかで、こちらが一番私は好きです。また日本酒好きの方の休肝日にもよさそうです。

スポンサーリンク

飲む点滴ドリンクおすすめ『marusan』「米糀のおいしさ甘酒」

最後に紹介するのも今回はじめて試した「marusan」の『米糀のおいしさ甘酒』です。こちらは豆乳と味噌のメーカーがつくった「甘酒」らしい「米糀のおいしさ」が引き立つ濃いお味でした。しかし後味はすっきりとしていました。しっかりとした味の「甘酒」が好みという方にはこちらがおすすめです。

スポンサーリンク

飲む点滴。おすすめの「甘酒」【コスモス薬品で購入編】まとめ

引用にもあったように今やコンビニでも購入できる「甘酒」。疲労回復や安眠にも効果があると言われています。疲れがとれない。寝付きが悪いなどのお悩みがある方は、あなたにあった飲む点滴といわれる「甘酒」を見つけてみてはいかがでしょうか。最後までお読みいただき、ありがとうございます。また、関連記事もございます。詳しくは、下記のリンクからご覧いただけます。

>>>宮崎のご当地ドリンク第2弾

スポンサード
タイトルとURLをコピーしました