日向夏(ひゅうがなつ)おすすめの食べ方!収穫時期は!?

お取り寄せ

この記事では、宮崎特産の柑橘「日向夏」の食べ方や旬、お取り寄せできるおすすめ商品を紹介します。「日向夏」の食べ方をお探しの方、お取り寄せて食べてみたいという方の参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

日向夏おすすめの食べ方!収穫時期は!?

宮崎特産の柑橘「日向夏」。

「完熟マンゴー」ほどは知名度がないですが、県民に親しまれている宮崎のご当地フルーツです。

そのような「日向夏」ですが、はじめて食べるという方はどう食べていいかわからないという方も多いのでしょうか。

そこで本記事では、「日向夏」の食べ方、旬、お取り寄せのおすすめ商品を紹介します。

まずは、食べ方!

「日向夏」は果肉と黄色い皮の間に数ミリの白い綿状の皮があります。

上記写真のように、白い綿状の皮を残すように黄色い皮のみを切るのがポイントです。

あとは、食べやすい大きさにカットしていただきます。

スポンサーリンク

地元民ならではの日向夏の食べ方

白い綿状の皮を残し、食べやすい大きさにカットしてそのまま食べても、もちろん美味しいですが、地元民ならではの食べ方を2つ紹介します。

①カットした「日向夏」に砂糖をまぶす

②カットした「日向夏」に醤油をかける。

どちらも、日向夏の甘みと酸味のバランスを際立たせる食べ方です。

しかし、②の醤油をかける際にご注意いただきたいのは、宮崎の醤油は甘いのが特徴です。

代表的な宮崎の醤油はこちらです。


日向夏の旬!

「日向夏」というだけに、夏が旬だと思われがちですが違うんです。

ハウスで栽培される「日向夏」は11月下旬から。

露地栽培の「日向夏」は2月下旬から市場に出回ります

春から初夏にかけてが旬と言われています。

スポンサーリンク

日向夏のお取り寄せ!

最近は知名度も上がってきており、都市部の百貨店や青果店に並んでいることも多い「日向夏」。

また、産地直送でお取り寄せもできます。

さらに「みかん」ほど、腐食が早くないため、ふるさと納税の返礼品としても人気です。

そのような、お取り寄せ「日向夏」を紹介します。

贈答にピッタリ!化粧箱入りの種なし日向夏


有機農法が盛んな綾町のふるさと納税返礼品


お目当てのフルーツが見つかるかもしれないお取り寄せサイト

旬の果物を産地直送!スミフルの美味しいマルシェ

日向夏(ひゅうがなつ)おすすめの食べ方!収穫時期は!?まとめ

本記事では、宮崎特産の柑橘「日向夏」の食べ方、旬、おすすめのお取り寄せ商品を紹介しました。参考になったという方いたらうれしいです。最後までお読みいただき、ありがとうございます。

安心で新鮮な食材が届くお試しセット
スポンサード
タイトルとURLをコピーしました